産業調査についての情報が満載です!

産業調査で業界の動きを把握!

産業調査されている日本産業の業界の種類

産業調査されている日本産業の業界の種類 日本産業で行われる産業調査の種類は、多岐にわたっています。
農業や林業はもちろん、化学や石油製品、金属業や機械器具産業など様々な分野で行われています。
特に、近年で増加傾向があるのがウェブマーケティングに関連する産業調査です。
例えば、食品業は特にWEB上でのマーケティングと関連している傾向があり、ウェブマーケティングを含めた調査を行うことによって、現状がどういった環境になるのかを調べていくことが重要です。
実際に、産業調査を行えば競合相手に対して優位な立場に立つことができますので、模倣されづらいマーケティングプランを立てていくことも出来るようになります。
市場の声だけではなく、顧客の声を直接的に受け取ることができるようになりますので、新しい計画を立てながら最善のビジネスや開発を進められます。
日本産業では、特に目的別に行われる調査が多いのが特徴です。
それらの目的に応じて答えを出すことになりますので、それによって導き出す戦略や仮説も異なってきます。

現状の日本産業にて産業調査を行う必要性に関して

現状の日本産業にて産業調査を行う必要性に関して 現状の成熟した日本産業ですので新たな産業を調査したり、既存の産業に対しての問題点を洗い出す産業調査をする意味はないと考えられます。
少子高齢化が進みシニア世代の消費が伸びていくという大方の予想に対して予想通りの動きにはなってなく、産業調査を行って今後のビジネスの動きを見極めるのは重要といえます。
産業というと工業製品をイメージしますが、商業などの飲食業も入ってきます。
インバウンドにて海外から観光客や研修生などの外国人の方が、新たな商品の流れを出してきている傾向もありますので注視する必要があります。
工業製品に関しても、完全な日本製という部分は難しいにしても近年の世界中の災害が起こる状況ですと効率を重要視した流通方法だけではなくリスクを回避した在庫をもつという事も産業調査にて重要になってきています。
日本産業は成熟期から次の段階に進もうとしていますので、どのような舵取りをするかは調査を見極めて判断する必要があります。

新着情報

◎2021/2/12

ビジネス戦略に必要な産業調査
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

調査結果を情報収集するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

産業調査レポートでわかる情報
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 必要」
に関連するツイート
Twitter

アメリカン・エキスプレスの例→「ジョブ型雇用制度を採用して報酬は職責や成果に連動しているため、性別による違いは生じないと考えてきた。だが調べてみると同じ職責・成果でも性別によって差があることがわかった」 調査と情報開示がなぜ必要かがよく分かる。

「これ以上ない証拠品」カズワン落下に驚く関係者 原因究明に影響も: 海上保安庁は再び引き揚げるための調整を進めている。いっそう慎重な作業が必要となり、原因究明の調査への影響も懸念されている。

「議会内に弁護士などによる窓口」「聞き取りや調査の結果、対応が必要と判断された場合は、議長が議会内の会議で事案を説明し、注意喚起や改善勧告、事案の公表ができる」→議員へのハラスメント防止、秘書や家族も対象に 福岡県議会の条例案(朝日)

ワッカがなんではやってんのか分からない……ワッカ構文ってなんだ……?調査必要

□定量/量的調査と定性/質的調査-定量調査 収集されたデータを数値化することを想定した上で設計された調査であり、各種の世論調査や実態調査を含めた多くの調査は定量調査だ。また、信頼性を確保するためには、比較的多くのサンプル数が必要。 定量調査は統計的なデータ処理にも適している。