産業調査についての情報が満載です!

産業調査で業界の動きを把握!

産業調査されている日本産業の業界の種類

産業調査されている日本産業の業界の種類 日本産業で行われる産業調査の種類は、多岐にわたっています。
農業や林業はもちろん、化学や石油製品、金属業や機械器具産業など様々な分野で行われています。
特に、近年で増加傾向があるのがウェブマーケティングに関連する産業調査です。
例えば、食品業は特にWEB上でのマーケティングと関連している傾向があり、ウェブマーケティングを含めた調査を行うことによって、現状がどういった環境になるのかを調べていくことが重要です。
実際に、産業調査を行えば競合相手に対して優位な立場に立つことができますので、模倣されづらいマーケティングプランを立てていくことも出来るようになります。
市場の声だけではなく、顧客の声を直接的に受け取ることができるようになりますので、新しい計画を立てながら最善のビジネスや開発を進められます。
日本産業では、特に目的別に行われる調査が多いのが特徴です。
それらの目的に応じて答えを出すことになりますので、それによって導き出す戦略や仮説も異なってきます。

現状の日本産業にて産業調査を行う必要性に関して

現状の日本産業にて産業調査を行う必要性に関して 現状の成熟した日本産業ですので新たな産業を調査したり、既存の産業に対しての問題点を洗い出す産業調査をする意味はないと考えられます。
少子高齢化が進みシニア世代の消費が伸びていくという大方の予想に対して予想通りの動きにはなってなく、産業調査を行って今後のビジネスの動きを見極めるのは重要といえます。
産業というと工業製品をイメージしますが、商業などの飲食業も入ってきます。
インバウンドにて海外から観光客や研修生などの外国人の方が、新たな商品の流れを出してきている傾向もありますので注視する必要があります。
工業製品に関しても、完全な日本製という部分は難しいにしても近年の世界中の災害が起こる状況ですと効率を重要視した流通方法だけではなくリスクを回避した在庫をもつという事も産業調査にて重要になってきています。
日本産業は成熟期から次の段階に進もうとしていますので、どのような舵取りをするかは調査を見極めて判断する必要があります。

新着情報

◎2022/8/19

情報を追加しました。


>企業でおこなわれている産業調査に関する基本的な知識
>企業が産業調査をおこなっているさまざまな目的
>産業調査は新事業へ参入する前の義務なのか
>公的な産業調査では報告義務や罰則などがあることがある
>産業調査を依頼した場合は結果を確認して改善するまでが必要になる

◎2021/2/12

ビジネス戦略に必要な産業調査
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

調査結果を情報収集するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

産業調査レポートでわかる情報
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 必要」
に関連するツイート
Twitter

【徹底した調査と厳正な処分が必要。今回の中間報告では、国防の為に団体行動を基本とする自衛隊にあってはならない事件と断じざるをえない→防衛省が元自衛官への性暴力認める 別の女性隊員も同様の被害 】

凱旋門賞で某ブックメーカーの超激熱BET項目が話題に。ハンデ師さん大丈夫なのか?3時間ほど調査しても穴は無い。起きたらフルパワー全ツして祈るのみ。早期終了もあるので本当は今すぐやるべきなのだが普段使う必要が無いサイトのため残高ゼロ&疲労高木MAXのため断念。

文科省には全国的に実態調査をしてほしい。その上で、教員による人権人格尊重の観点からみた不適切な対応や声かけが子どもたちにどんな影響を与えるか、どうすれば防止できるか、起きた時にはどんな対応が必要かについても二次加害を起こさせないために示しておいてほしい。

基本的に、人に対する研究調査というものはどんなものであっても他者に危害を加えかねない行為であって、そこで生じうる加害は0には決してなりえず、だからこそ、限りなく0に近づけるように倫理を研ぎ澄ませていく必要がある。

返信先:「テロリストに何も与えない」ためには、情報規制が必要になると考えますか?警察には情報リークを禁止、報道各社にも容疑者個人の取材や調査を禁止。「テロリストには何も与えない」という言明さえも禁止。元首相が暗殺された、という事実だけを淡々と伝える。でないと何かしらを与えてしまいそう。