産業調査についての情報が満載です!

産業調査で業界の動きを把握!

産業調査で日本産業と世界の産業を比較するメリット

産業調査で日本産業と世界の産業を比較するメリット 産業調査では、日本産業と世界産業を比較することが可能となっています。
調査は企業にとって一つの戦略となり、有効な経営上の武器となります。
それゆえ、調査で取得できた情報は貴重な財産となるわけです。
企業が競合他社に対して優位に立つには、いち早く最新の情報を入手することだと言われます。
それによって、他社の追随をゆるさない製品開発につなげられるものです。
現在は産業界はグローバル化しており、国内の企業だけでなく海外の企業も競争相手となる時代です。
産業調査による海外企業へのアプロ―チは、顧客企業にとって力強い味方となるわけです。
同調査は日本産業と海外産業を比較して、それぞれの優位点を割り出せるのが大きなメリットです。
市場や顧客企業の生の声を聞くことで、企業が解決すべき課題が明確になるものです。
そこから、新たなソリューションとなる手法が生まれるわけです。
それは、他社からのバイアスを受けることなく、顧客企業に直接アプローチできると言えます。

日本産業の未来を切り開く産業調査について

日本産業の未来を切り開く産業調査について 日本産業の未来を切り開くためには市場における産業調査を行い、効果的な経営戦略を立てて検証することが大切です。
企業が売上を伸ばしより多くの利益を得るには、市場において自社と競合する企業の調査・分析や様々な事項の比較が重要です。
具体的な比較事項には売上や利益だけでなく流通のプロセスや店舗の立地条件、労働生産性やホームページのデザインなど様々なものがあります。
産業調査をしっかりと行った上で適切な経営戦略に関する仮説を立て、検証を行ってライバルと差別化を図ることが重要です。
他社とは異なる魅力的な商品やサービスを提供するためには、まず産業調査の目的を明らかにして対象となる企業を少なくとも3社以上選びます。
自社の店舗に集客可能な範囲について人口や客層、土地の特性などを調査し自社の特長や弱点を考慮しつつ戦略仮説を立てます。
仮説を立てたらライバルの企業に直接訪問したりインターネット調査を行って結果を分析し、自社の優位な部分と弱い部分をより具体的に確かめます。
産業調査によって企業の特長や弱点を把握することができるので、より市場のニーズに合った商品やサービスが提供されるようになります。
日本産業の未来を切り開く上で市場において競合する企業の調査は非常に重要な役割を果たしています。

新着情報

◎2022/8/19

情報を追加しました。


>企業でおこなわれている産業調査に関する基本的な知識
>企業が産業調査をおこなっているさまざまな目的
>産業調査は新事業へ参入する前の義務なのか
>公的な産業調査では報告義務や罰則などがあることがある
>産業調査を依頼した場合は結果を確認して改善するまでが必要になる

◎2021/2/12

ビジネス戦略に必要な産業調査
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

調査結果を情報収集するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

産業調査レポートでわかる情報
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 比較」
に関連するツイート
Twitter

返信先:確かに、方角的には演劇部で寝ているAoiさんの方向とも一致しています。 演劇部の扉は両方閉めているし階も違う、 これよりも前にこの付近を通った生徒は多数いるが反応はなかった、 料理部のAjiaさんには反応していない、など不思議な点もまだありますが… 後日、比較調査してみます。

【国際比較:幼小のスマホ使用時間】 日本の5歳も7歳も、他のアジア諸国より短い これはベネッセ教育総合研究所が支援する国際的なアカデミアネットワークであるチャイルド・リサーチ・ネットの調査結果です。 このデータをどう捉えますか? #日本型ウェルビーイング #国際比較 #研究

政治学、現代政治学:アーモンド→比較政治学への応用(構造機能主義)。途上国にも政治システムは存在すると主張。各国の政治システムについて構造と機能を比較。それを支えている政治文化についても比較調査を行った。政治学において比較政治学を語ることは意味が無い、と指摘

獣人種の痕跡器官に関する調査報告1-1-2:ネコ科聴覚器官保有種における側頭部の比較

調査を開始した5年前と比較すると、若年層は6万円のアップに対し、ミドル層は約80万円アップしており、大きな差がみられます

調査対象者の現在の状況 前回調査との比較